クリーネストライン


『Patagoniaと考えるNEW RECYCLE』開催:パタゴニア×PASS THE BATON

『Patagoniaと考えるNEW RECYCLE』開催:パタゴニア×PASS THE BATON

2013/08/29 2013年8月29日

メイン
2013年8月29日(木)から9月23日(月・祝)までの期間、東京・表参道のPASS THE BATON GALLERYで、パタゴニアとパタゴニアのコモンスレッズ・パートナーシップのリユース(再使用)/リサイクル(再生)のパートナーであるPASS THE BATONとの共同企画、『Patagoniaと考えるNEW RECYCLE 』が開催されます。

パタゴニアはこの秋創業40周年を迎えます。パタゴニアが40歳を迎えたいま、私たちはこの先40年の生活について、じっくり考える必要があります。

パタゴニアの役割は、私たちが愛するスポーツへの情熱を反映する高品質の革新的なウェアを作ることです。創業当初に作っていたのは、クライミングの酷使に耐える頑丈なラグビー・シャツや、風を防ぐよう緻密に編んだウールのセーター、そして何年も着用できるようヒップの部分の記事を二重にした厚手のキャンバス製ショーツなどでした。1970年代半ばには、山での使用に適したレイヤリングのコンセプトを導入。肌からの汗を吸湿発散するアンダーウェア、熱を逃さないフリースのインサレーション、風や雨を防ぐシェル、というシステムを築きました。

パタゴニアは非常に大きな野心をもっています。それは「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」というものです。私たちはパタゴニアの名のもとで発生する環境への悪影響を削減するための努力により、ビジネスに関わる者としてより明敏で見識高く、迅速に反応できるようになると考えます。これはさらに、優れた品質および革新への導きとなります。そしてそれはまた、ビジネスを成功させ、末永くつづけていく鍵でもあります。

パタゴニアの「コモンスレッズ・パートナーシップ」は消費をリデュース(削減)し、パタゴニアが製造するウェアやフットウェア、ギアなどの製品のひとつひとつをリペア(修理)リユース(再利用)リサイクル(再生)することを、お客様と共同で行う取り組みです。2011年7月からは、これまで製造した全製品についてリサイクル(再生)、またはリユース(再利用)のために回収を受け付けています。

本企画ではそのなかからまだ着ることができるものをPASS THE BATONがセレクトし、クリーニングをして新しいお客さまへお届けします。またパタゴニアのアンバサダーやスタッフ、そしてパタゴニア・ファンのクリエイターの方々がかつて愛用していたパタゴニア製品も出品し、愛用品にまつわるストーリーとともに展示販売します。

さらに、プリント部分の品質がパタゴニアの製品基準をクリアできず、販売されなかったキャンバス・バッグが、PASS THE BATONのアイディアとセンスで新たな商品として生まれ変わった「Patagonia × PASS THE BATON Remake Bag」の販売も実施します。

「コモンスレッズ・パートナーシップ」のリユース(再利用)では、「着ることができるウェアはしまっておかず、世に出しましょう。着なくなったウェアはチャリティに寄付したり、あるいはインターネットオークションやバザーなどを利用するのも一案です。またタンスに埋もれているか、とことん着ても着古せないパタゴニア製品に飽きたら、売却を考慮してみましょう」と呼びかけています。

新たな持ち主の方に長く可愛がって頂けますように
そしてNEW RECYCLE の輪が広がりますように

———-

また期間中、パタゴニア日本支社長の辻井隆行と1% for the Planetのアンバサダーを務める末吉里花氏を迎え、アウトドアスポーツを通して見えてきた地球環境の現実、いま地球に生きる私たちにできること、すべきことなどをテーマにトークセッションが開催されます。

VOGUE FASHION’S NIGHT OUTS PECIAL TALK SESSION】
日時:9 月7日( 土) 19:00 ~ 20:00 
場所: PASS THE BATON OMOTESANDO
ゲスト: 辻井隆行(パタゴニア日本支社長)×末吉里花(フリーアナウンサー)
司会: 遠山正道(パスザバトン代表)

———-

 
483x398_CTP-landing-brown_S13

コメント 0

関連した投稿

« »