クリーネストライン


オバマ大統領、北極圏国立野生動物保護区の海岸平原地帯の保護を提言

オバマ大統領、北極圏国立野生動物保護区の海岸平原地帯の保護を提言

By ロン・ハンター(パタゴニア・エンバイロメンタル・アクティビズム・マネージャー)   |   2015/02/06 2015年2月6日

ロン・ハンター、パタゴニア環境アクティビズム・マネージャー

Top

オバマ政権がアラスカ州の北極圏国立野生生物保護区の新しい全面管理計画をまとめました。それは何百万エーカーにもわたる土地を原生地域に指定し、ほぼすべての石油/ガス開発禁止を提案するものです。オバマ大統領と内務長官サリー・ジュエルが北極圏保護区の海岸平原地帯を原生地域に指定することを提言する保護区の包括的保護計画(Comprehensive Conservation Plan (CCP))を発表したのです。

これは大きなニュースです。

米国魚類野生生物局(USFWS)によるこのCCPの提言は、北極/海洋生物と生息地を広範囲にわたって支える野生の生態系としての北極圏保護区の価値を認めるものです。保護区の海岸平原地帯は渡り鳥、ホッキョクグマ、オオカミ、ジャコウウシ、カリブーの重要な生息地であり、何千年ものあいだ、グウィッチンとイヌピアット先住民の生活と文化を支えてきました。

写真上:ブルックス山脈とキャニング川のマーシュ・フォークにかかる虹。北極圏国立野生生物保護区の「1002」エリアの西側境界にて。全写真:Ron Hunter

北極圏保護区は長年全国の多岐にわたる人びとから支援を受けてきました。パタゴニアはほぼ20年間その永久保護を提唱し、最も最近のCCPの公衆意見聴取期間、USFWSは保護区を支持する百万件以上のコメントを受けました。保護区の支持層は長年にわたり超党派で、議会の両党のメンバーがこの国宝を守るために協力をつづけています。

この重要な北極圏保護区の管理計画は、最低これからの15年間、管理決定の基礎そして指針となります。次はオバマ大統領が原生地域への提言を議会に提出し、議会が原生地域法案を可決する段階です。
 
4
北極圏国立野生動物保護区の海岸平原地帯。
 
北極圏国立野生生物保護区は「独特の野生生物、原生地域、リクリエーション価値」を有するとし、1960年に当時の大統領ドワイト・アイゼンハワーによって(北極圏国立野生生物地区として)指定されました。1980年に議会はアラスカ国家利益土地保護法を通過させ、カーター大統領がこれに署名しましたが、保護区の極めて重要な海岸平原地帯は含まれていませんでした。オバマ大統領の原生地域提言はこの見落としに対処するものです。

ホワイトハウスの告知を読んで〈Alaska Wilderness League〉のウェブサイトからオバマ大統領にお礼の手紙を送りましょう。

 

ビデオ:「北極圏国立野生生物保護区を守るために」by ホワイトハウス。オバマ大統領の北極圏保護区についての告知をホワイトハウスのブログでお読みください。

Take_action行動を起こそう〈Alaska Wilderness League〉のウェブサイトから北極圏国立野生生物保護区の原生地域指定を提言するオバマ大統領にお礼のコメントを送りましょう。
 

 

 

ロン・ハンターはパタゴニアの環境アクティビズム・マネージャー。ロンは2011年に北極圏国立野生生物保護区を訪れた際も、原生地域指定の必要性について執筆しています。

コメント 0

関連した投稿

« »